おしゃべりE              



 似たもの夫婦
               
ワンちゃん達を乗せ、今日もドライブ散歩に出発!
最初に、いつもの場所で野良のポチ君の餌やりを…
と思ったら、今日は先客がいる。
以前何度か見かけたことのある人だ。

田んぼのあぜ道で、しきりにポチ君を呼んでいる。
ポチ君は彼女にも心を開き、手を伸ばせば届く位置で餌をもらうのだ。
が、今日はいくら呼んでも反応がない!
ポチ君は雨上がりの田んぼにペッタリ寝たまま、ピクリとも動かない!
いつもなら、先客がいると知らん振りして遠回りするのだが、
さすが心配になってきた。
「おいでー!」と呼ぶ彼女!
ついにムーも車を止め「ポチーーー!]と叫んだ!
ようやく気付いたポチ君だった(ホッ!)

ポチ君もだいぶオトシ、目はいいものの耳が遠くなってきている。
少しボケも入ったのか、道路の真中に座り込んでは、
日に何度も車を止めてしまう。
”車は止まってくれるもの”なんて思っているのか?
それとも1日中、ムーが通るのを待ってるの?
最近では、ムーの車を見ただけで、どこからともなく飛んでくる。

いつか車に…という先入観から、
”車にひかれ、ここまで歩いて息絶えた!”
と、彼女も勘違いしたらしい。

できることなら
ムーが餌やりしていることは、彼女に内緒にしておきたかった。
そのほうがポチ君も都合がいいだろうし、
餌をやれないときは、彼女がやってくれてると思いたかった。

彼女が餌やりするのを待ち、しばらくその場で話をした。
ポチ君への想いは同じ…いや、それにしてもあまりにも似過ぎている。
世界中に、1人は同じ顔を持つ人がいるというが、
顔は違っても、同じ考えを持つ人がいる。
これはもう、単なる偶然とは思えない!

話している間、彼女のご主人もムーパパも、それぞれの車で待っていて…、
することなすこと、ソックリさんの似たもの夫婦!
世の中広いようで、意外と狭いものだ。

彼女の家には
ワンちゃんが10匹いるそうだ。それでもポチ君が弱ってきたら、
”家に連れて帰ろう”と慣らしているところらしい。
これはもう、私よりうわてだー!
別れ際、彼女の名前も住所も聞き、何かのときは連絡をとることにした。
彼女に会えて、
今まで重く圧し掛かかっていたものが、急にかる〜くなった。
せちがらい世の中だけど、まだまだ捨てたもんじゃ〜ないんだな♪

ポチ君!
君は2人の女性に思われて幸せだね!

当面の2人の課題は”慣らして首輪を付ける”こと。
もしもに備え、連絡先を書いて付けておくのだ。
難しいことだが、彼女とならやれそうな気がした。

今日は”ポチ友記念日”
ポチ君にはもも焼きを1本、
特別サービスしてやったっちゃが!(^0_0^)

戻る.
inserted by FC2 system