いっちゃが日記                 

ぼちぼち書くから
てげてげ読んでいっちゃが!
宮崎弁は勝手に想像してね(^_-)
宮崎の方言
年 月 日 今日はこんな日   
 2012.12.30 久々更新〜♪
と思ったら、
今年初のいっちゃが日記でした(*^_^*)
年に一度だなんて・・・まるで七夕様みたいですね〜♪

今年もいろいろあって、慌ただしく過ぎてしまいそう・・・
幸いにも、わが家にとっては良いニュースの多い年でした。
そのことは
11月に開設したブログにも書いてますのでそちらもどうぞ!

今年一番のニュース 『孫誕生』
長ーいこと孫が出来るのを待ち望んでいました。
友人たちの中には、7人も孫のいる人がいます。私と変わらない年なのに・・・
友人が孫の話しをするたびに、指をくわえている私・・・

「私も婆ちゃんになりたい・・・婆ちゃんが無理なら爺ちゃんでもいい・・・」
と言っては、友人たちに笑われていました(ー_ー)!!

でも、10月にとうとう婆ちゃんになりました。
これからは、思う存分孫の話しができるわ〜♪

「孫の成長を楽しみに、健康で長生きしようね」 と、
毎日、しんまい爺ちゃん婆ちゃんは話しています。

もちろん猫も一緒に長生きするっちゃが〜♪

2011.03.06
ずーっと下の方を見たところ
1年もいっちゃが日記をサボっていました。(^^;ゞ<m(__)m>

日記を読み返してみると、随分と書いていないことがありました。
忘れていたわけでは無く、掲示板にはそのつど書いていたし、辛いことは書く気になれなくて・・・

愛ちゃんの前には犬のセーラとチャチャを見送りました。
このことは書く勇気がありません(+。+)~~

そして今回はオス猫ミコが天国へ旅立ちました。
最長老のミコは18歳、人間で言えば90歳以上です。
定期的に口内炎の注射をしながらも食欲も旺盛でした。

そのミコが最近、私に抱っこしてもらいたくてしょっちゅう膝に上ってきました。
もしかしたら別れる日が近いのかな・・・と思いつつも、しばらく抱いてあげた後
ミコ専用のベットへ移動させていました。

昨日も、ミコはいつも通り餌を食べ、いつも通り私に抱かれに来ました。
すると急に苦しみ始め、痙攣発作をおこし1〜2分であっけなく逝ってしまいました。

老衰と思ってしまえばいい死に方だったとは思いますが、
あまりに急なことなので、目前で見たパパさんのショックは大きいものでした。
私は、抱いて見送れただけ良かったと思うことに・・・。
先日はムーが手術をし、これから先何がおきるか・・・

必ずやってくる別れの日・・・
でも、
その日が来るまで1日1日を大切に過ごさなくては・・・

動物貧乏でも
今日が元気で過ごせたら”それでいっちゃが!”


2010.02.03
今日は節分
つい先日、落花生を食べたついでに豆まきをしたが、
今日が本番ということで、世間並みにまた豆をまいた。
我家には鬼なんかいないし、豆をまく必要は無いけど、
他所様から追い出された鬼が迷い込んでは困る。
福の神には是非とも来て欲しいしね(^^;ゞ

我家はここ数年、
貧乏神が居座って、いっこうに出て行こうとしない。
貧乏神も猫と一緒で居心地いいのかな?

増やす気持ちは無かったのに、
いつのまにか10匹の猫と暮らしている。、
私が猫の話しをするたびに、
「餌代が大変でしょ?」と聞かれるが、
「餌代よりもトイレの砂代が大変よ!」と答えている。

餌は生きていくのに欠かせないものだけど、
砂は外で用を足してくれれば済むことだ。
無駄だと思いつつも買わないわけにはいかない現実がある。

捨てるために買った砂が糞尿で固まって増える。
それも10匹となると半端な量ではない。
捨てるときも有料の袋に入れなければ回収してもらえず
これではフンだり蹴ったりだー!(´ε`)フゥ…

一番の出費は病院代!
昨年末から猫の病院通いが続いている。
クシャミをする子がいて様子を見ていたら、
アッ!という間に同室の3匹が感染してシマッタ!

最初のクシャミで病院に連れて行けばよかったものの・・・
最高36回の連続クシャミをした(数えた人もスゴイ!)子もいる。
こうなっては隣の部屋にも、その次の部屋にも広まらないはずがない。

最初にクシャミをしたのがシロちゃんでなかったら・・・と悔やまれる。
シロちゃんは大の病院嫌い。
以前通院したときは病院中を逃げ回った。
大捕獲作戦の末、部屋の隅に追い込んだところを注射で眠らせ治療した。
シロちゃんがうちの子になって6年になるというのに、いまだに餌のとき以外は近づいてこない。
だまし討ちで無理やりキャリーバックに押し込まれた恐怖が尾を引き、
信頼関係が築けないでいる。

病院を怖がる子の通院は気が重い・・・(+。+)~~


そんな中、すっかり通院慣れした子もいる。
アイちゃんは先日4回目の手術をしたが、抜糸のときも神妙でおとなしかった。
経過も良好で元気食欲共にあり、今は一安心。
小さな顔に3cm位の傷は痛々しいが、お岩さんよりずっといい。
もしかしたら癌が治ったかな?と思うくらい腫れもない。

でも、
完治は全く期待できないと言われている。
数ヵ月後にはまた・・・
考えるだけで気が重くなる。
それまでは考えないようにしよーっと!

病院代は大変だけど、みんな元気でいてくれるのが何より嬉しい。
やりくりできるうちは、ま、いいか!
開き直れば気持ちも楽に〜♪(^▽^*)ヾ

動物貧乏は貧乏神が見守ってくれる。
明日は明日の風が吹く〜♪
お気楽ムーの奮闘気はまだまだ続くっちゃが〜(‘ v‘ )ο〜♪

2009.10.07
いつもながらのご無沙汰で・・(^▽^*)ヾ

このところ、アイちゃんの病気やパパさんの入院や老人介護等々・・・
色々あって気分的に余裕の無い日が続いています。

その上、こんなときに台風まで・・・
鉢の避難はいつもパパさんと連携プレーで楽勝なのに、今回は私一人だけ。
あ〜あ〜、猫の手い〜っぱいあるのになぁ〜!(+。+)~~

昨夜はとうとう10時過ぎに玄関前の鉢10個を取り込みました。
早速レイちゃんが鉢の周りを嗅ぎまわってます。
肥料の匂い?ナメクジ?蟻?ゴキブリ?
見なかったことにしよーっと!

ベランダに取り込んだハイビスカスが、
たった1日の短い命を懸命に燃やしています。
せめてじっくり眺めてあげましょう。

後は被害が少ないのを祈るのみ。
明日は忙しっちゃがー!

2009.03.11
その後のアイちゃんのこと。

やっぱり再発してしまいました。
食欲も旺盛だしこのまま順調にいくと思っていたのに・・・
急に左目が腫れ上がって出血するようになり再手術を受けました。
今のところ他には転移が見られないようですが・・・。

10年前、アイちゃんがわが家に来たときはすでに両目は流出してありませんでした。
それでも勘が鋭いので、ほとんど不自由さを感じさせません。
朝夕の抗痙攣剤と抗生剤はパパさんが飲ませてくれるので助かります。

できることなら病気が治って欲しい!
でも癌の宣告を受けていて、あと半年か1年かと・・・。
獣医を信頼してはいても、誤診だと思いたい。

今日も鈴入りのボールを必死で追いかけて遊びました。
健気なアイちゃん!
1日でも長く一緒に暮らそうね!

2008.11.05
いつもながらのご無沙汰で・・・(^^;ゞ
遅くなりましたがアイちゃんの経過報告を!
下の結果が出て3ヶ月過ぎましたが、
今のところは元気に過ごしています。
食欲は以前以上で、先日の検診でも肺への転移は見られないとのこと。
とても順調なので次は2ヵ月後に診察に来てくださいとのことでした。


先日、ご近所の方が子犬を飼われました。
最近愛犬を亡くされたのですが、もう次の犬を・・・。
真っ黒の可愛いパグちゃんです。(前のは茶色)
「やっぱりパグちゃん!」 納得納得。
パグちゃんは鼻が低いせいか、相当ひどい「イビキ」をかくそうですが、
それだけに静かになったのが寂しかったのでしょう。


「うちも次はシェルティーだね」 とパパさんといつも話しています。
2匹続けてシェルティーを飼ったし、丸顔はポチ君だけでいいし・・・
あの愛くるしいシジミ似の目が忘れられません。
今も食卓の一番目に付くところに写真を飾り
1日3回、食前食後に見ています。

犬を飼いたいのは山々だけど、
別れの悲しさとニャンの数が半端じゃないこと、
それから
20年も長生きすると私が介護をしてもらわなければ・・・。


動物と暮らす楽しさは、飼ってみないと分かりません。
もし、
一度も犬や猫を飼ったことの無い方は、
この楽しさを味合わずに一生を終えられるのです。お気の毒に・・・(^_−)☆
もし、事情が許すなら、
可愛い家族と暮らしてみませんか?
楽しい暮らしが待っていることをお約束しま〜す!

いつか別れの時が来ても、
虹の橋のたもとでまたあえますよ!

「虹の橋」  ←虹の橋はこんな所です。

08.07.12
3週間も待ってアイちゃんの最悪の結果が・・・
目の腫瘍は悪性。術後1年生存率が50%だと言われショック! 
私以上にショックを受けたパパさんでした。
アイちゃんはパパさん子で、朝夕のお薬もパパさんが飲ませています。

アイちゃんは両目が無くてもカンのいい子で、
9歳過ぎた今でも鈴入りのボールを器用に転がし追いかけて遊びます。
見えているように感じたり、目の前にあるのに気づかなかったり・・・
なんともけなげなアイちゃんです。
なのにあと1年でいなくなる確率が50%とは・・・
あまりにも悲しい宣告です。
アイちゃん!
小さい命の火だけど、ゆっくりながーく燃やし続けてね!

先日らいの子猫の件ですが、
息子が会社から連れj帰った子猫がもらわれていきました。
1ヶ月近くうちの子でいたので名前も決まりかけていましたが、
これから(20年くらい)先のことを考えると、今手放すのが最良かと・・・。
ポスターと新聞広告のうち、
決まったのはホームセンターの掲示板に貼った方でした。
里親さんは私の見込み通りの人でした。
決め手は「家族全員一致で飼うことを決めました」の言葉で、
3日後に子猫がすっかり慣れて元気いっぱいだと近況報告がありました。
ヤンチャで見ているだけで楽しいと・・・嬉しい言葉も聞けました。
これでチビちゃんも幸せじゃっちゃが!

余談ですが、
最初に「新聞の広告を見た」という電話がありました。
欲しいと言われるわりには誠意があまり伝わらず、結局はお断りしました。
10ニャンいるからといって、子猫を幸せにしてくれなければ手放す気持ちはありません。
ちなみに新聞広告料は3行で2100円くらいです。

私のほかに犬や猫の里親募集をしている人が沢山いました。
「迷子を保護しています」という方には、心からエールを送りました。

最後に
里親さんが見つかったら直ぐにポスターをはがしましょう!
電話番号など悪用される場合がありますので〜!

08.06.27












































最初にアイちゃんのことを!
結果がまだ出てません。というよりまだ聞いていません。
抜糸予定日に病院へ行くことは行ったのですが、前日からまるで食欲が無いので
もう少し様子を見てから・・・と抜糸を遅らすことにしました。
その後ようやく食欲も出てきたので、近々行って結果を聞いてこようと思います。
でもなんだか聞くのが怖いっちゃが!(つω`*)テヘ

もう一つニュースを!
今日、シロちゃんを病院へ連れて行きました。
右目だけ涙が出るのと時々セキをするので、4年ぶりで2回目の診察です。

餌でつらしてやっとバッグに詰め込みました。
未だに餌のとき以外は近づかない子なのでだまし討ちです。
ガタガタ暴れていたのが病院に着く頃には静かに・・・
このまま神妙に診察できるといいけど・・・祈るような気持ちでした。

案の定、診察のためバッグから出したとたんに逃げ出し、診察室中走り回り
大がかりな捕獲作戦が始まりました。
ようやく部屋の片隅に追い込んだところで鎮静剤を注射、ぐっすりオヤスミになったままの診察でした。

やっぱり1年余りの野良時代にウイルス性の病気に感染していたようです。
かといって、いまさらジジちゃんとは隔離できないし・・・
ジジちゃんにつられて家に入ってきた子でいつも一緒に寝ているのです。
これほど猫が増えては伝染病は防ぎようも無く、
発病したときに精一杯やれるだけのことをしてやるしかありません。

インターフェロンと抗生剤の注射をして帰りました。
家に帰ってからもなかなか落ち着かず、ジジちゃんにも素っ気無く
私との4年の信頼関係も無くしてしまいました。
信頼回復に努力せんといかんっちゃが!(´ε`)フゥ…

余談ですが、
またもやお隣のご主人が、自宅の庭で捕虫あみを振り回していました。
蝶を捕まえては足で踏みつぶし、野菜が被害にあわないようにと必死なのです。
こっけいな姿を笑ってやりたくなりますが、なるべく見ないようにしています。
この人は猫も大嫌いで、家や畑の周りを網で囲い、子猫でも容赦なくほうきを振り回して追っ払います。
なんと心の狭い人!虫が少しくらい食べたっていいじゃない!
虫だって生きてるんだ!
ちなみに、我が家は虫さんの残り物を食べてるっちゃが!(^^;ゞ

もう一つ困ったことに、
昨日からうちの子たちが泣き出すと、外で野良猫ちゃんが泣きだします。
里親募集中の子猫と同じくらいの真っ黒な子猫です。
餌をやるべきか無視するべきか・・・
心の痛む今日この頃じゃっちゃが!(´ε`)フゥ…

08.06.11
またまた久々の更新になってしまいました(^^;ゞ
アイちゃんのことがすぐ下に書いてあるので近況報告を!

現在、元気・食欲ともに良好、明後日手術することになりました。
というのはこの1ヶ月、たびたび左目から出血するのです。
痛いのか痒いのか、擦って傷を付けるのか?
鮮血がポタポタ落ちたり直ぐに止まったりし、そのたび止血剤の目薬をさしています。

獣医さんの話しでは、目の血管が肥大して露出してきているとのこと。
手術を勧められ、迷い迷って明後日に決めました。


アイちゃんはとてもデリケートで、見えないせいかとても怖がります。
診察のときもパパさんの肩にオンブされないと落ち着きません。
できるなら痛い・怖いおもいはさせたくありませんが、しかたがないのです。

アイちゃんは家に来て9年過ぎました。
今でも、1日2回の抗痙攣剤を飲ませています。
この薬代が1ヶ月分3570円で、高いと思いつつも続けてきました。

最近、チビ猫のかかりつけの病院でアイちゃんを診てもらうことになり、
お薬もこれまでと同じ薬を同じ量頂きました。
すると1000円でお釣りがくるではありませんか!
どうしてこんなに差がでるのでしょう???

これまでの9年間、すごーく損した思いです。
とはいっても、
「はい!アイちゃんの薬代」と、いつもパパさんがカンパしてくれていたんだけどね(^_−)☆

皆さんも診察や病院代等で納得のいかないときは、おもいきって病院を変わられることをオススメしまーす!

どうかアイちゃんの手術が無事終わりますように!<m(__)m>


07.08.16
下にアイちゃんのこと書きましたが、
その後少し落ち着いてきた感じです。やっぱり元気が出てきたのかな?

我家では動物たちが夏ばてしないよう、室温にはいつも気をつけています。
元来、猫は犬より暑さに弱くはないのですが、
なにせ、ずーっとワンニャンルームで犬と暮らしていた猫たちなのです。

犬のいない夏・・・でも、
「今年から暑さを我慢して」なんてとても言えません。
年中毛皮のコートを着ているし、見ている人間の方がかわいそうで
我慢ができないのです

この夏も室温28度に設定しました。
猛暑の夏に猫団子もできています。
お陰で人間も熱いコーヒーが飲めるっちゃが!(=^_^=)

07.08.08
またまたすっかりサボってしまいました。
更新もしないで何してたの?
なーんて聞いてくれる人もいなくて助かりま〜す(=^_^=)

最近特に変わったことと言えば、私が台風被害にあったこと!
でもこれも掲示板で頬の傷まで披露しちゃったし・・・
息子に彼女ができたこと!
でもこれもいないものはお知らせできない・・・

今一番のニュースはアイちゃんがとても元気なことです。
食べる時とトイレ以外は、殆どムーちゃんと寝ている子なのに、
この頃は起きているだけでも珍しいうえすこぶるご機嫌なのです。

ご老体ミコ殿を追いまわしては噛みついたり、
何でもおもちゃにしてはジャレています。
ときには走り回り、ゴチンゴチンと頭をぶつけたり、
まるで見えているのかと思うほど反応がいいのです。
食欲だけは相変わらず小食で、元気だけがダントツ!
アイちゃんの奇妙な行動に、他の猫達も戸惑っています。

目の病気が脳に影響しているのでは・・・
少し落ち着かせようと抱いてやってもすぐに飛び降りるし・・・
元気なのがかえって気味が悪く、対応にも困っています。

昨年・一昨年で3匹を見送り、
年の順ではミコ殿の番だけど、もしかしたらアイちゃんが飛び越し?
心配で心配でたまらんっちゃが!

アイちゃん(およそ10歳)
以前書いたこのページをもう一度→ペッタンコ!

07.02.07
すっかりご無沙汰してごめんなさーい!m(__)m

ポチ君を亡くした後に2匹の愛犬を亡くし、
なかなかこのページを開く気になれませんでした。
皆さんの応援を頂いたり大好きな手芸を再開しているうちに
ようやく元気を取り戻しています。
ペットの部屋だけはそのままですけど・・・
まだまだ寂しいのは現実だし、もう大丈夫も現実ですから〜!

「寂しかったらまた犬を飼えば?」
よくこう言われますが「もう飼わない」と宣言しています。
犬達との思い出を家族と共有し、残る8ニャンと共に頑張っていこうと思います。

新たな気分で『おしゃべり』のページを再UPしました。
思い出に満ちたつたないおしゃべりですが・・・


これからもどうぞヨロシクお願いしまーす!
06.02.23
久々に”いっちゃが日記”を更新しまーす。
下のカキコから随分間があいてしまいましたね(^^ゞ
色々ありました・・・けど、お陰さまでなんとか元気を取り戻していますので
どうぞご安心を!

『イメージバトン』とやらをととろちゃんから受け取りました。
よろしかったらあなたも参加されませんか?


ととろちゃんご指名で 
『イメージバトン』をリレーしていきますね。
 
1.無条件でトキメク○○な人を3人 
  ・今は旦那様以外は考えられなーい。 
  ・昔の映画『風とともに去りぬ』のレッロバトラー 
  ・私にだけ優しい人(やっぱり旦那だわ(^^ゞ) 
 
2.無条件で嫌いな○○を3つ   
  ・動物を虐待する人 
  ・自己中心的で思いやりの無い人
  ・見栄っ張りでブランド志向
 
3.無条件でお金をかけられる○○を5つ  
  ・そんな思いを一度してみたーい!(これ番外かな?)
  ・宝くじの当り券を買いたい 
  ・動物達の楽園作り(宝くじ当ったら作りますよー)
  ・趣味の手作りの店を持つ(儲からなくてもいいの(^。^) 
  ・息子に会社を作ってあげる(今の会社はつぶれそう・・・(^_-))
 
4.無条件で好きな○○を3つ(ジャンルは不問) 
  ・家族(ワンニャン9匹も)
  ・動植物(勿論友達もよ)
  ・手芸にパソ(食べるものはどうでも・・・うっそー!(^0_0^)。)
   
 
5.バトンを渡す人を3人  
  ・書かなくちゃいけないの? 
  ・naeちゃんはニャンのお手つくりが忙しいし・・・
  ・暇な人はRIKOさんくらいかな・・・(ーー;)

  宜しくお願い致します。

てなわけで、ムーの正体バレバレ!
これだけ元気なら、天国でセーラもポチも安心してるでしょう。
”ひにちが薬”  これでいっちゃが!(^0_0^)

   
05.06.07
ポチ台風が去って2週間たち、
今日、チビ猫台風まで去っていきました。
子猫が来たのがポチ君の闘病中で、絶対里子に出そうと思っていたのです。
新聞広告も2回出し、里親募集のチラシもあちこち貼っていました。
子猫を欲しいと電話があったのは、行き付けの動物病院からで、すぐに連れてきて欲しいとのこと。(ここにも張り紙をお願いしていた)

すぐに子猫を連れて行こうにも、殺気を感じたのか、うちの子でいたかったのか、ベット下に潜ってなかなか出てこない。
好物の缶詰をカンカン慣らし、やっとのことで捕まえて病院へ。

少しシャイな子で、1ヶ月かかってようやく甘えるところまで慣らした子。顔にはありありと恐怖心が現れ、いつもほどかわいくない。
ところが、予想に反して里子に欲しいと言われ、若い独身女性に貰われて行きました。

ダニ治療などで長居させてしまい、他の猫達とも仲良くなっていたのに…
ジジちゃんと遊ぶ姿はなんとも愛らしく、思わずニッコリなっていたのに…
またまたポッカリ!穴が開いてしまった我家です。
寂しくて寂しくて…
子猫が残したおもちゃを見るたび涙涙…
もしかしたら子猫よりムーの方が泣いているかも…)
こんなことなら、もっと早くうちの子にする決心すれば良かったわ…
もしかして、「どうしてもなつかないから…」と帰ってきたら、
もう絶対離さないから!
死に別れもつらいけど、生き別れがこんなにつらいこととは…
まだまだ修行が足りないな…(-_-;)

これから野良ちゃんを見たら、心を鬼にし見て見ぬふりをするっちゃが!

05.05.31
ポチ君のことで、
数々の応援の言葉を頂きとても感謝していますm(__)m
ご心配をおかけしましたが、パパさん共々徐々に元気回復していますのでご安心ください。

今回のこと、私達は特別なことをした…とは思っておりません。
ポチ君が可愛かったから、家族なんだから、
当然のことをしただけだと思っています。
ポチ君のお蔭でたくさんのポチ友ができ、何度も我家に来ていただいたり…本当にありがとうございました。
天国のポチ君も感謝していることでしょう。

火葬場に行く前に、
ポチ君が長年餌を貰っていたお宅や、理容院から飛び出して涙を流してくださったお宅にも、車中からお礼を言ってお別れをしました。
涙涙で思い出のお散歩コースを周り、いったん「ただいま!」と我家に帰り、改めて「行ってきます!」と火葬場へ。
次の日に骨を全部拾って帰りました。灰は思い出の場所に蒔くために…
今ポチ君はパソ机の上で、私達家族を見守ってくれています。

『ポチ君がうちの子になってくれて良かったね』
と、いつもパパさんと話しています。
一緒に暮らした時間は短かかったけど、餌やりしていた頃の3年半もあわせるとたくさんの思い出がよみがえります。

パパさんが一番好きなのは、
私が「ポチー!」と呼んだとき、あぜ道をピョンピョンかけて来るときのポチだそうです。
私はポチ君のすべてが大好きです。好きで好きで…
パパさんにはちょっと悪いけど、最愛の恋人を無くしたような気分です。
逢いたくて逢いたくて、
写真を見ては「ポチー!ポチー!」
チャチャにもつい「ポチ!」と呼んでしまいます。
これからも思い出を大切に生きていきたいと思います。

皆さん、どうもありがとうございました。
合掌

05.05.24
ポチ君は
5月23日午前2時55分、天国へと旅立ちました。
トイレ用テントで用をすませ、そのまま草むらに横たわり息を引き取りました。苦しい時でもベットの場所を出て、最後まで自分で立って用を済ませ、用意していた紙オムツ1枚汚すことはありませんでした。
3晩も添い寝してくれたパパさんが見守る中、虫の声を聞きながら永い眠りについたのです。
私が起こされた時は、温かい体が今にも動き出しそうで、何度も「ポチー!」と呼びましたが目を覚ましてはくれませんでした。
本当にパパさんは、最後まで良くポチ君の面倒を見てくれました。
「感謝してるよ」
と、ポチ君の声が聞こえるような安らかな顔でした。
うちに来て、4ヶ月足らずの短い期間でしたが、濃密な思い出をたくさん残してくれました。
ポチ君!
君に合えてほんとうに良かったよ♪
生涯忘れない、私の大切な大切な家族だよ!

佐野ポチ・ブラームス 享年15歳
また天国であおうね!

今は心にポッカリ穴が開いたムーだけど、
そのうち元気に復活するっちゃが!

応援してくれたみなさん、どうもありがとうございましたm(__)m

05.05.21
ポチ君共々毎日頑張っています。
頑張り過ぎとわかっていても、頑張らずにはいられません。
ポチ君にとって、今が一番、勝負の時なのです。

ポチ君はほんの僅かしか食べられなくなっています。
なんとか食べさせようと、あれこれ与えてはいるのですが…
スーパーで買い物しても、ポチ君の食べそうな物ばかり選んでしまい、私達はポチ君が食べなかった物を頂く毎日です。

借りてるお隣の畑が、キャンプ村みたいになりました。
草のベットに寝ると呼吸が楽になるようなので…
何度も何度もポチ君を抱っこして、畑と我家を往復しています。

お散歩用のテントにトイレ用のテント、ベット用のテントにはスノコの上に枯草を敷いてポチ君を寝かせています。
蚊取り線香にランプ、それに付き添い人のベットまで持ち込みました。
昨夜はとうとうパパさんがテントで一緒に泊まりました。
ポチ君、虫の声など聞きながらここで逝きたいのかも…

用を足すのに立っているのが精一杯の様子、
そろそろ寝たきりになるのかも…
別れの日が刻一刻と迫って来るのを感じます。
可愛いポチ君だから、
最後までしっかり面倒見てあげる覚悟を決めました!

05.05.15
ポチ君ね、
フイラリア症の末期で、
獣医さんに「覚悟しといてください」と言われたの。

我家に来てまだ3ヶ月ちょっとなのに、
もう別れがくるなんてあまりにも早過ぎるよー!
あんなに楽しくお散歩してたのに…

辛い悲しい毎日です。
水以外はあまり口にしてくれません。
もう長くないかも…
奇跡よ、どうかおきて!
(掲示板より)
05.04.30
世間は連休の真っ只中!
なのにわが家はまるで関係がない。
息子は出張中だし(機械のメンテナンスが仕事)パパさんは土曜なし・祭日なしの早朝出勤が仕事である。
わずかに頂く給料の殆どがワンニャンの病院代や餌代に消え、
スズメの涙程のお小遣いに文句一つ言わず勤めてくれている。感謝感謝m(__)m

こんな中、パパさんは旅に出た。(明日には帰るけど)
ポチ君のことを気にしながも、久々の旅に嬉しそうだった。
『留守中の事は任せなさい!』
と自信を持って言ってやるにはあまりにも心細い。
『多分大丈夫だから、心配だったら電話してね!』と許可してやった。(^_-)

ポチ君は今すぐどうこう…ということも無さそうだ。
昨日の診察では、脱水症状も腹水も見られないし、小食でも高カロリー食を食べさせているから、なんとか足りているのでは…と。

1人で散歩をし、頑張って食べさせ、お薬飲ませればいいのだ!(-_-;)

やはり散歩が一番の大仕事である。
普通に歩けば10分もかからない距離を、5回も6回も休憩しながら30分もかかってしまう。それが1日何回も・・・
最後はその場に穴掘りし、ペタン!と寝そべり動かなくなる。
わがまま言って動かないなら、無理やりという手もないではないが、息が荒くきつそうな様子で仕方なく抱っこをすることに…
12kgはやっぱりおも〜い!(>_<)

散歩途中の理髪店の奥さんに声をかけられた。
お散歩でお店の前を通るたび、お客様との会話がポチ君のことになるそうだ。
長年、この辺りで”ふうてんの寅さん”していたポチ君だから話題が豊富だわ♪

道路の渡り方がとても慎重で、子供さんにも見習って欲しいとか…
ときには道路の真中に寝そべり、行き交う車を止めては存在感をアピールしていたりとか…

多くの方々が暖かいまなざしで見守ってくれていた反面、
中には『このクソ犬が!』と石を投げたり棒を振りまわす人も…
結局、保健所へ捕獲願いを出されたようだった。(~_~;)
(この人のことは2004年9月21日に書いてます)

世ん中にゃ〜 いろんな人がおるっちゃが!

05.04.28
「その犬、まだ生きてたんですか!」
突然散歩中に言われた。
聞くと、15〜16年前からポチ君を知っている方だった。
その方の犬を散歩させてる頃からポチ君を見かけていたので、、
その犬が死んでしまった今、とっくにポチ君もこの世に居ないと思われていたらしい。
別れ際、「もう長くは生きないかも」の言葉を残していかれた。

せっかく我が家に来たポチ君なのに、
もう別れの日を考えるなんて悲し過ぎるよー!
空しくせつない思いがこみ上げてきた。

”野良で苦労した分、余生をのんびり過ごさせたい!”
そんな思いで保健所から譲り受けたのに…。
あちこち病気が見つかり、薬漬けの毎日になってしまった。

出会いがあれば別れが来るのは当然のこと、
でも病気さえ治れば、この先5年も10年も長生きできるはず!
祈りを込め、手をかえ品をかえ食べさせてみる。
それでも元気なときの3分の1の量にも及ばない。
このままでは弱っていくばかりである。

点滴すれば回復できるか…と思いきや、
ポチ君の場合は、1日かけてゆっくり注入しなければ、血管内の死にかけた子虫を詰まらせることにもなりかねないとか…
危険を伴う点滴よりは、自力で食べるのがベストなのだ。

食後の治療薬を、これまた器用に吐き出してしまう。
喉の奥まで押し込んでは蜂蜜を舐めさせ、バターに練り込んでは舌に貼りつけ…思いつく限りの手を尽くしている。

1日でも長く生きて欲しい!
元気で楽しい思いをさせたいし、こちらだってさせて欲しい。

治療薬を始めて6日目、
依然食欲は回復していない。
「10日もすれば見違えるように元気食欲が出ますよ」
と言う獣医の言葉に懸けて、治療に専念している毎日である。

ポチ君、一緒に頑張ろうね!
もうすぐ元気になるっちゃが!♪

05.04.14
ポチ君が我が家に来て2ヶ月半が過ぎた。
最近はめったに泣くことも無く、お薬無しの生活になっていた。

体調が良くなったところで、フイラリアの治療を始めることにした。
想像通り、ポチ君の心臓には成虫と見られる虫が2匹、血液中には子虫もウヨウヨ。
フイラリアは蚊が媒介する犬の病気で、成虫が心臓に寄生し死に至る恐ろしい病気である。
月に1度の予防薬と、週に1度の子虫を退治す薬を飲ませることで、3年後には全ての虫が居なくなるらしい。

まずは予防薬を飲ませた。副作用なのか食欲が半量位に落ちた。
ようやく食欲も回復したところで、週1回の子虫退治の薬を飲ませた。
その夜からポチ君は元気・食欲がまるで無くなった。

ドライフードは見向きもしない。肉入りのご飯にもそっぽを向く。大好きだったもも焼きと牛肉、それに1缶367円もする缶詰だけ少量食べる。
散歩はトボトボ、途中で何度も寝そべり早々に帰りたがる。

尿は見た目で分かる黄色を超えた褐色をしていて血尿も酷い。
獣医さんより止血剤とステロイド剤を頂いて飲ませている。

5日目の今日、ようやく足取り軽く元の散歩コースを休まず歩いた。
まだ食事は普段の半量位しか食べず、 ご飯や野菜はより出し、肉だけを選んで食べている。
お蔭で人間達は、肉無しの肉じゃがや骨にわずか残った肉しか食べられないが、文句言うどころか
「ポチ君が食べた!食べた!」という親バカぶりである。

散歩途中でポチ君ファンに会った。(先日理容院から飛び出してきた人)
その人がポチ君に
「夢がかなったね!」と言われた。
訳を聞くと、
「飼い犬が散歩しているのを見ていて、その後を付いて歩いていた…たぶん羨ましかっただろう・・・自分も繋がれてお散歩したかっただろう…そしたらお殿様みたいな気分がするだろうな…」
まるでポチ君になった気分で一気に喋り続けられた。

私はこれまで、ポチ君を繋いで飼うことに罪悪感を覚えていた。
人間側の都合で不自由な思いをさせてかわいそう・・・と思っていた。
が、「夢がかなったね!」の一言で、
なるほど!そんな考え方もあるんだ!
もしかしたらポチ君はお殿様気分なのかも…
そう思うと気持ちがラク〜♪になってきた。

ポチ君!
君は二人の家来にかしずかれ幸せだね〜♪

したに〜したに したに〜したに…♪
シャベルで糞の始末をしながら、
今日もポチ殿のお供をするムー夫婦じゃっちゃが!(^0_0^)

05.03.03
昨日、ポチ君と散歩中、
理容院から飛び出してきたご婦人に、
「その犬、お宅でずーっと飼われてるんですか?」と聞かれた。

ポチ君を以前から知っている様子。肩にはタオルをかけたままで、髪の手入れの最中だったようだ。
我が家に来たいきさつを話すと、涙を拭きながら手を合わせ、何度も何度もお礼を言われた。

その人は餌を与えていたわけではないが、ポチ君の長い年月の知り合いで、最近見かけなくなった…と心配されていたようだった。
そして、いつも近くの人が餌をやられていたと聞き、その家を訪ねてみることにした。

私が探すまでもなく、ポチ君がどんどん案内してくれた。
これまで、野良時代にポチ君が行きそうな所は用心していた。
帰りたくないと駄々をこねられると、力では負けてしまうし、
無理やり連れ帰る自信が無かった。

ポチ君が立ち止まったのは、住宅の建ち並ぶ一番奥の家の前だった。
「この犬ご存知ですか?」と声をかけると、40代位のご夫婦が出てこられた。
なんと、この方こそが私より先にポチ君を引き取りに保健所に行かれた方だった!!!

ポチ君はご主人のお母さんに餌を頂いていたそうで、
かれこれ14年間、朝夕通い続けていたそうだ。
となるとポチ君は15歳以上…ということに!
(病院のカルテには10歳くらい…と書いてしまった(^^ゞ)

このお宅で、1度ポチ君をオリに入れて飼おうとされ、逃げられてしまったことがあるそうだ。(以前何処かで聞いたような話しだわ(^^ゞ)

野良なのに食べ物の好き嫌いがあること、
事故にもあったが自力で治したこと、
近くの家に奥さんや子供がいて、子犬を親戚に貰って頂いたこと…
私の知らないポチ君に出会え、とても嬉しかった。
当犬はその場にゆったり寝転び、気持ち良さそうにお昼寝をしていた。
連れて帰るときには、角を周って見えなくなるまで見送っていただいた。

警戒心の強さから生き長らえ、
野良暮しの苦労に耐えてきたポチ君。
自由と引き替えにした安全を手にし
暖房の効いた部屋で毎日をおくる。
なんと運が強いことだろう!

我が家に来て1ヶ月、
未だに尻尾は振らないけれど、
声をかければ泣き止んでくれるし、
おもらしもなくケージにも進んで入る。
病状は行きつ戻りつしながらも、確実に改善の兆しを見せている。

ポチ君!今日も一杯お散歩しようね♪
睡眠不足も運動不足も解消し、元気一杯のムーじゃっちゃが!(^^ゞ

05.02.12
昨日のこと
お昼過ぎにポチ君のお散歩へ。
パパさんが胴に付けたハーネスを引き、首輪に付けたリードを私が引いて、家から80メートル位進んだだろうか…
そこで排尿・排便をたっぷり、良かった良かった!
と喜んだ直後に泣き始めた。
陰部をしきりになめながら悲鳴をあげ、近所の犬まで大騒動!
連れて帰るにもその場を動こうとせず、ズルズル引きずられるまま・・・

やむなくパパさんがポチ君を抱き、泣き止んだ所を我が家まで大急ぎで帰った。
早めに飲ませた薬の効果も無く、友人の紹介で行きつけとは別の獣医さんへ車に乗せて行く。
車中も暴れて車のシートやドアまでかじられてしまった!

この獣医さんは日曜・祭日・夜まで診察可能だった。
看護婦さんがポチ君をしっかり抱え、若い女医さんが腹部の毛をバリカンでカット。
腹部を消毒後にエコー検査、導尿による尿検査、検温などなど…
診断はひどい前立腺の肥大と慢性の膀胱炎に陰部先端壊死、
腹部一帯かぶれ状態で、何度も何度も消毒液で拭いてくださった。
帰り際には「いつでもお電話下さい」と言われた。
夕方4時に前立腺の薬を飲ませた後も泣き止まない。
7時に獣医さんに電話
早めでも安定剤を飲ませて良いとのこと。
その時も女医さんは
「深夜は寝入って起きれないかも…それ意外ならお電話に出ますよ」と言っていただく。

予定より4時間も早い安定剤を飲ませた。
泣いてケージをガリガリやるのをじっと見守っていた。
泣き止むのは食べている時だけ、
食べ物が無くなるとすぐに泣き出してしまう。

足元はもうフラフラなのに、まるで横になる気配が無い。
先生のお言葉にまたまた甘え、9時頃電話をする。
「泣くのは痛いからでは?痛み止めは無いのですか?」
の質問に、
「食欲があれば精神的なものしか…。とにかくケージから出してみてください。それが無理なら眠らせる薬を処方…」と。
車で薬を頂きに行くと、
「お薬は差し上げますよ。頑張ってください!」と励まされた。
帰りつくと、ポチ君はコックリコックリ始めていた。
できればこれ以上飲ませたく無かったから良かった!
本格的な寝息を聞き、こちらもようやく人心地!。

今朝は6時に泣いて起こされた。夜中に飲ませる予定だった止血剤をのませ、何度も何度も排尿し、その度にシートを交換。
ケージの中に敷いてもバリバリ破いて無駄なので、
今はケージの金アミの下に敷いている。
交換用の新聞紙はあちこちからの頂き物。資源ゴミで出してあったのも頂き!
1回分ずつたたみながら、ふとプーかさんのことを考える。
プーちゃんのオムツの穴あけして、看病に頑張ってた姿を想像する。
これから先、何度こういうことを繰り返すのか…
現にセーラは膀胱に腫瘍があり、抗生剤と止血剤を飲ませ、頻尿でトイレ掃除ばかり…
アイちゃんには痙攣止めの薬、白黒ちゃんには抗生剤、
ミコ殿には特別食作り・・・
愛するペットと共に生きるには避けては通れない道なのだから…。
今まで静かだったのに、また泣き始めた。
飲ませるものは飲ませたし、あとは環境を変えてやるだけ…
パパさんが帰ったら外に連れだそう!
もうしばらく我慢してね、ポチ君!

追加
現在、写真の取り込みが出来ません。
それにホットメールも調子悪く御迷惑おかけしています。
みんなビョウキになったのかしら…(ーー;)
お手紙等は掲示板へお願いしまーす。
長々と書いてしまい、”ごめんなさい”じゃっちゃが!m(__)m

05.02.04  
今朝の更新をしようと思ってたら、
マウスを持ったままコックリコックリ!
昨夜はお茶碗洗い中にも・・・
お風呂ではおぼれそうになるし・・・
睡眠不足と疲れがピークに達したようです。

ポチ君の心の傷は思ったより深く、
脱出させない為に入れたケージの生活に、1週間過ぎてもまるで慣れてくれません。
薬で眠らせ、起きてまた泣き、手当たり次第物をかじって暴れます。
ご近所への迷惑を考え、夜はケージを室内に持ち込んでいます。
酷い匂いの中での生活も、ポチ君の苦しみを思えば我慢出来ます。
自然の中の自由な生活から比べたら…
泣いても暴れても無理からぬことなのです。

彼の傷を癒し、名実共に”佐野ポチ”となるために、
家族一丸となって頑張ります。

そんな訳で、
ホムペの更新をしばらくお休みすることにしました。
少し落ち着きましたら、ポチ君を連れてご挨拶に伺いますので、どうぞご了承下さい。
なお、掲示板へのレスもお休みになりますが、
開けたままにしておきますので、よろしければ足跡などお残しください。
突然のお願いですが、どうぞよろしく。

ムー

05.02.01
やけに寒いと思ったら、
昨夜から降っていた雨が、今朝は雪に変わっていた。
チラチラからサラサラに…雪は何年振りだろう。
積もるといいのにな〜!

ポカポカお部屋でポチ君はゆっくりオヤスミ。
今朝も3時ごろ泣いて起こされた。
それからはずっと側でスキンシップをして写真をパチリ!
安心するのかしばらくはおとなしくなるが、寝てもまたすぐ起きてしまう。
当分はこんな生活だろうな…。

野犬保護の先輩エコさんや、近所のお友達の話を聞くと、
生まれつきの野犬を飼いならすまで、相当な苦労をされたようだ。
「2〜3年は慣れないよ』と言う。
経験者の話を聞けば、
ポチ君はまだ来たばっかし、無理ないわ…
と、すこしは気持ちが楽になる。
しばらくは安定剤に頼りながら、
時の過ぎるのを待つことに。

ベランダ猫ちゃんにも湯たんぽを1個ずつ入れ、
ワンニャンルームはまるで寒さしらず。
電気代は怖いが、病院代に比べたら安い安い!

居なくなった白黒ちゃん、
帰ってこないのは安住の地を見つけたのか・・・。

積もるかと思っていた白いものは、レンガの通路を濡らしただけ、
今は明るい陽射しが、ムーの家をスッポリ包んでしまった。
な〜んて、
ちょっぴり詩人、したっちゃが(^^ゞ

05.01.28
今回のポチ君騒動で、
めでたしめでたし…と大喜びする私に、夫が
”世の中、どう転ぶか分からない”と水を注す。
心配性の言うことだから・・・と、あまり気にとめてもいなかったが、とうとう転んでしまった。

私より先にポチ君の譲渡申請をした方が、ポチ君が全く動こうとせず、どうしても連れて帰れなかったそうだ。
保健所は、午前中に引き取りに来なかったら犬を処分をするという。

こうなったら何が何でも連れて帰らなければならない。
ポチ君の大好きな鳥のモモ焼きとウインナーソーセージを用意した。
知り合いに頼んで軽トラックにケージを積み、イザ!と言う時には眠らせてでも連れて帰ろうと、獣医さんにも来てもらう手配をした。

市の保健所の一角に野犬の保護室があった。
通常の拘留期限は3日というのに、ポチ君は今日で9日目。
暖房の効いた部屋の大きなケージに、ポチ君1匹だけ収容されていた。
「ポチ!」
私が名前を呼ぶと、頭をかすかに上げた。
体はコチンコチンの緊張状態で、ひどく震えていた。
全員外に出てもらい、私とゆっくりコミニュケーションを取らせていただくことにした。
私を覚えているだろうか…
餌を食べてくれるだろうか…
自信などまるで無かった。

ところが、”按ずるより産むが安し”
5分とたたないうちに、手渡しの肉を食べ始めた。
朝ご飯は容器にたくさん残っていて、さぞかしお腹も空いていたと見える。
ものすごい勢いで、モモ焼き3本分をペロリとたいらげた。

普段のポチ君は警戒心が強く、少しでも触るものならパッ!と身を引くのに、今日は頭や体を触っても抵抗しない。
持ってきた首輪もハーネスも、難なく装着することができ、
ケージにも少しお尻を押しただけで入ってくれた。

昨日、ポチ君を貰い受けに来た人は、2時間粘ってダメだったらしいが、私は1時間足らずだった。(信頼度の差?年季の差?)

我が家に着くまでは、軽トラックの荷台で随分暴れたらしい。
ポチ君の歯は2本折れ、ケージの底のパットはバラバラ、
荷台はオシッコでびしょ濡れだった。
申し訳なく、洗って帰そうとしたが、「自分で洗いますから…」と言っていただき感謝感謝m(__)m

保健所からは、今度野良にしたらすぐに薬殺します…と言われている。何しろ半年も前から追っていたが、どうしても捕まらなかったそうである。(ポチ君は賢い!)
当分はケージから出さずに様子を見よう。

先ずはケージごと隣の畑のハウスに入れた。
ここなら雨露凌げるし、第一ネコちゃんの為にビニール2重張りの広さ1.5坪はある快適ハウスなのだ。
しっかし、ポチ君は強い!
丈夫なはずのケージのワイヤーは曲がり、泣いたり暴れたりでどうしようもない。
次はジジちゃん、ミーちゃんのいるベランダに移した。
ここは午後の日差しが温かく、ポチ君はしばらくぐっすりお休み。

目覚めると、お肉の食べ過ぎがストレスからか、頻繁に下痢をはじめた。
その後も度々泣き叫び、大小のオモラシの連続…

これではご近所から苦情がきてしまう。
とうとうケージを家の中へ入れた。
2重ガラスの効果は大で、家族だけは付き合いをさせられた。
深夜2時過ぎ、ようやく本確的眠りに着いてくれた。

安心するにはまだまだ早いかもしれないが、
ポチ君とのお付き合いは3年3ヶ月、
たとえ3年・5年かかろうと、ゆっくり愛情かけて慣らしていこうと思う。

”世の中、どう転ぶか分からない”
けれど、縁あって家の子になったからには幸せにしたい。
パパさんと2人、今日のご苦労をねぎらいながら
”ポチ君に乾杯!”をしたっちゃが!(^0_0^)

05.01.24
ポチ君がいなくなって5日目、
野犬の拘留期限は通常3日、いよいよタイムリミットである。
これ以上延ばしては取り返しがつかないと、保健所に行く前にまず電話を入れた。

係りの方に、 ポチ君の特徴や行方不明になった場所を話すと、見かけなくなった日に捕獲したとのこと。
拘留は捕獲の日と土日を含まないそうで、明日が最終日だった。
なんと!
私の前に譲渡の申し出があり、その方を優先するとのこと。
ポチ君は野良ではあったが、警戒心の強いわりには温厚で、
気を許す人も2人は見かけたことがある。

譲渡申請をしたのは、いつか知り合ったポチ友かと思ったらそうではなかった。
保健所では、ポチ君が野良だと分かって捕獲されたそうで、
責任持って飼うことを条件に、拘留期限を過ぎたら希望者に渡すということだった。
そんなこととはつゆ知らず、
「家の犬が迷子になりました」
などと言った私の作り話は見事に見抜かれてしまった。
そう言わないと渡してもらえないし、始末書まで書かされる…
と聞いたことがあり、覚悟の上でのウソだったのに(ーー;)

晴れてポチ君は飼い犬となる。
自由な生活に未練はあるだろうが、飼い主に慣れて安心して余生を送ってほしいものである。
ホッ!とした反面、3年以上も餌やりを続けてきたので、
やっぱり寂しい…と言うのが本音。
いつもの散歩道にポチ君の姿はもう見られない。
胸に大きな穴が開いてしまったようだが、彼の為になら我慢もしよう。
ポチ君!いい人に貰われて良かったね!幸せになるんだよ!

私より先に保健所に掛け込んだ勇気ある方に、心から感謝の言葉を言いたい。
係りの方に、”引渡しの際、その方に私の電話番号を知らせてください”とお願いをした。
世の中まだまだ捨てたもんではなさそうだ!
ムーのポチ君物語は涙のハッピーエンド!
その出逢いは筋書きの無いドラマのようだった。

ちなみにポチ君の奥さんとその子供は、ポチ君が捕獲された
同じ日に、親子共々貰われていったそうだ。
一人ぼっちになったポチ君を見つけたら、何としてでも家の子に…と思っていたが、一番理想的な結末を迎えたわけである。

猫は未だに…
猫ハウスの小屋を片付けようか、あとしばらくそのままにしようかと思案中だが、
その間に次の親子猫住みつく…なんてことだけはゴメンじゃっちゃが!

05.01.22
みなさ〜ん!
『ムーの部屋』をしばらく更新できないかも知れません。
現在、
野良犬ポチ君が今日で3日、家猫になったばかりの白黒ちゃんが
8日も行方不明中なのです。
どちらもムーに断り無く、突然姿を見せなくなりました。
この寒空に何処をさまよい歩いているのか…
心配で心配であちこち探し歩いています。

それに今日から10日位、
あの死んだと思っていた”ミー”ちゃんをお預かりすることになりました。
預かるのは2年ぶり位なので、他の子達と仲良くできるかな(ーー;)
兄弟猫のムーちゃんもマイちゃんも忘れているかも…
それでも生きてミーちゃんに会えるのが嬉しくて、多忙にもかかわらずお預かりすることにしました。

そんなこんなで、しばらくはHPの更新もままならないかと思いますが、掲示板へのレスだけは頑張るつもりです。
みなさん、どうぞよろしくお願いします。

05.01.14  
眠い!
いよいよ来たか先日来のツケ・・・?
今朝は6時に目覚まし時計のベルで起こされた。
息子を仕事に送り出すため、目覚まし時計をセットしていた。
(パパさんの時はセットしない(^^ゞ)
頭がボーッ!これは睡眠不足!(>_<)
昨夜は10時には睡魔に襲われ、睡眠はたっぷりのはずなのに(ーー;)
パパさんはとっくにお仕事でいないし、
これ幸いにゆっくり朝寝坊…なんていかないのがムーの家。
このところずっと息子の出張が無い。

ムーの慢性的な睡眠不足は、ただ”体が慣れた”と勘違いしていたに過ぎないのかも?
ビルダーの調子もイマイチと言うより最悪(>_<)
1ページ作るのに5回も6回も強制終了されたんじゃ-、やる気も消えうせる。
深夜電力のやりくりとパソの不調で、
冬休みが欲しくなったムーじゃっちゃが!(^^ゞ

追加
諦めかけた頃、ビルダーの調子が良くなりかけました。
今のうちに明日の更新するっちゃが!(^_-)

05.01.13
最近、どうも睡眠がうまくとれない。
それなのに眠気がささないのはなぜ?
もともと、手芸などやりだしたら寝食忘れて没頭するたちだった。
変な癖はいまだに続き、
パソをやりだして酷くなったかも(ーー;)
それだけパソに熱中したら、相当なHPになりそうだが、
頭の回転はスローダウンしているし、
時間のかかる割にはたいしたことはしてない(^^ゞ
ムーの睡眠不足は、
これまでは夜の睡眠がマトメて取れていないだけで、
昼間の居眠りを合わせれば充分とはいかなくても結構取れていた。
なのに、最近は本当の睡眠不足!
昼間も全く眠気がこないし、食卓で舟をこぐこともない。
ベットの中でいくらヒツジの数を数えてもダメ、
最後の手段の
”点滴しまーす・・・”の胃カメラ飲むときをイメージしても、
さほど効果が無くなった。
となると、
”5時間足らずの熟睡でも充分!”ってことなのか・・・。
パソでやり残した家事が深夜に集中して悪循環を繰り返し、
今やムーの睡眠は、
深夜電力の使い過ぎで省エネ運転になってしまったのか!

「それで誰も何も言わないの?」って?
早寝早起き、8時間は寝ているパパさんでーす(^_-)
そのうちこのツケ、回って来るかな・・・
それだけがおじーっちゃが(^0_0^)

05.01.07
今年も7日過ぎてしまった。
この調子だと来週には春…なんてことにはならないか(^^ゞ
いよいよ冬本番!
先日のマイナス1度のダメージで、庭のポップコーンの木がすっかり萎れて見る影も無くなった。蕾も沢山付いているのに・・・(>_<))
お友達の所は鉢植えにして温室に取りこんだ…これ正解!
ムー庭ではこのまま大きく成長されては大変なことになる。
そこで、上部が枯れても根が生き残れば…と地植えのまま鍛えることにした。
さて春には泣くのか笑うのか…請うご期待!

外猫から家猫になったジジちゃんと白ちゃん(呼びやすいから)は、お出入り自由のフリーター猫になっている。
夜はベランダ(ネットの内側にビニールが張り巡らされている)で同じ猫ハウスに入って寝てくれて助かる〜♪
ハウスの中にフワフワ毛布とホッカイロを入れ、寒さ対策も万全!猫ちゃんは鍛えられない(^^ゞ

お隣さんの畑に仮植えさせてもらっていた植木も、近く貰われていき、猫ちゃんのビニールハウスも撤去の予定。
部屋に山積みしていた荷物もなんとか片付いたし、
これからムー工房でも作ろうか…などと思っている。
が、手芸に取りかかるにはまだまだ心構えが…
などと言って、実はすっかり
”よだきんぼ”の癖が付いたムーじゃっちゃが!(^0_0^)

04.12.31
ご報告しま〜す!
昨日、とってもいいことありました!
実は、先日亡くなったはずのミーちゃんが生きていたのです!
息子がミーちゃんのことを聞いたのは、飼い主からではなかったのです。
ミーちゃんの飼い主というのは息子の会社の同僚で、
お互い出張も多く、すれ違いが多くて聞きそびれていて、
昨日ようやく本人に聞いたそうです。
ミーちゃんが元気でいることを知り、家族3人で大喜びしました。
それにしても、
”死んだ!”なんて言った人、冗談にもひど過ぎる(ーー;)
どれだけ私達の心を傷つけたものか…
でも、無事でいてくれて本当に良かった。
「これからはいつでも預かるから…」と伝言を頼んだ。
わがままミーちゃんだけど我慢するわ!
噛まれたことも許してあげる(^^ゞ

動物との別れは確実にやってくる。
その日がくるまで精一杯愛し続けよう。
それしかできないムー夫婦じゃっちゃが!

04.12.16
昨日、久しぶりに会ったお友達と、
お昼をご一緒しながら日頃のウサ晴らしをした。
ムーのつまらない話を、
「どうしたんですか?」と、彼女は優しく聞いてくれた。
一気に喋り捲って私の方は嬉しかったが、
聞かされたほうはたまったもんではない…よね(^^ゞ
みなさーん!
ゴミは正しく分別して出しましょう!(他人のまで分別するのはやめて欲しい…)
それにお掃除の日はちゃんと守りましょう!(違う日によそ様の前までやるのは迷惑…)
それから、えんどう豆は通路に植えないように!(パパさんに怒られました(^^ゞ)
それからそれから、
愚痴は聞いてあげましょう!
聞いてもらってスーッとしたっちゃが!(^0_0^)

04.12.14
新居に入居以来、ムーのガーデニング熱が再発した。
一人でレンガを敷き、花や木を植え、暑さにもめげず水遣りし、
時には台風と戦いながら、男顔負けの仕事振りだった。
いまや庭は、ムーのお気に入りの木や花で満杯!
お隣の畑に残っているパパさんの木は、とうとう人に譲ることになった。
30年も育てた木を諦めるかわりに・・・と、パパさんがサツキの盆栽を始めた。以前から数鉢持ってはいたが、ろくに手入れもせず、ムーが水遣りしていただけで、花もろくに咲かなかった。
今回パパさんの買ったサツキは、鉢植えが2本にポット苗が3本、軒下の一番いい場所を陣取っている。
これから一人前の盆栽に仕立てるには、かなりの年月がかかりそうだが、長生きして面倒見ると言う。
何はともあれ、庭で一緒に過ごす時間が多くなって嬉しい♪
”仲良きことは美しきかな”(^^ゞ 
これでムー庭も安泰じゃっちゃが!(^0_0^)

04.12.02
毎朝、外猫ちゃんがベランダのネットによじ登って
ニャーニャーと挨拶をする。
が、今日は静かだった。
ジジちゃんだけが姿を見せ、白黒ちゃんが居ない。
餌入れに2匹分の餌を入れてやった。

お昼過ぎても白黒ちゃんが帰らない。
昨夜遅く、喧嘩したような泣き声が1度聞こえたので
遠くに逃げて迷子になったのでは…
怪我でもして側溝にはまっているのでは…
だんだん心配になってきた。
夕方の餌の時間になっても、餌は殆ど減っておらず、
ジジちゃんは私について周り、なんだか寂しそう…

仕事から帰った息子に、”ミーちゃん”の死を聞かされた。
”ミーちゃん”はマイちゃんやムーちゃんと兄弟で、飼い主が留守のときはいつも我が家に預かっていた子だ。
家で預かれない状態になってから断っていたのだが、飼い主の留守中に事故に合ったとか…
預かってあげなかったことが悔やまれる。

夕方散歩に行くと、ポチの奥さんの子供が7匹遊んでいた。
よりによって、あの「保健所に連絡するぞ!」と言ったクソ親父の畑の中なのだ!
ポチ君を見かけると石を投げつけたり、ひどい親父なのだ!
きっとポチ君のせいにするに違いない。

夜も11時過ぎたが、まだ白黒ちゃんは帰っていない。
ジジちゃんが泣いていたのでベランダに入れた。
今夜はここで泊まらせることに。
あ〜あ〜、ぜ〜んぜんいい事無い日じゃったっちゃが!(ーー;)

(追加)
みなさ〜ん!
白黒ちゃんが帰って来ました〜!
朝ご飯の時間に飛んできて、ムーにスリスリしましたよ!
心配かけてごめんなさ〜いm(__)m
今日は昨日よりいい日になりそうじゃっちゃが!(^0_0^)

04.10.16
昨日、外猫ジジちゃんの去勢手術をした。
自然にまかせたいのは山々だけど、
後々のことを考えれば今がいい時期…と思っ切った。
前夜からベランダでお泊りをさせ、朝、獣医さんへ連れて行く。
手術前の血液検査をし、手術の承諾書にサイン、
お迎えは夕方五時なので預けて帰宅。

現在、ミコ殿が膀胱炎を治療中、セーラは昨日予防注射、アイちゃんはいつもの坑痙攣剤…
手術代もかかるし、今月も赤字だ!(>_<)

うちの子供は、息子を除いて全て不妊・去勢手術をしている。
何度経験しても、手術のたびに心が痛む。
でも、お互いストレスを貯めなくていいし、狭い家で仲良く暮らすには、やむを得ないことだし…
外猫シシちゃんも、一生面倒見るつもりで手術に踏み切った。

夕方迎えに行くと、ジジちゃんのタマタマには白いバンソウコが貼られ、首には小さなエリザベスカラー(エリマキトカゲみたいなの)が付けられていた。
ベランダに放してやると、カラーをゴツン!ゴツン!とぶつけながら、直ぐに元気一杯のジジちゃんに戻った。

今朝、庭に出してやると、
白黒ちゃんがお迎えに来て、仲良く餌を食べていた。
2匹とも男の子同士、ずーっと仲良く暮らして欲しい!

今やムー庭は、外猫ちゃん達の遊び場になっている。
植え穴を掘ると、直ぐに座り込んでは肥料を…(>_<)
「芽が出たほどでいいか!」
期待半分諦め半分、あちこちに球根を埋め込んだ。
春にはいったい何個の花が見れるのか…
ま、ポツポツ咲いたらラッキーじゃっちゃが!(^○^)

04.10.05
毎週、1度は実家に里帰りしている。
帰りたいけど…という人には悪いが、何しろ車で30分足らずの距離なので、行かない訳には…という理由もある(^^ゞ
その度に、母は何かしら探し物をしている。
珍しく探していないときでも、何かするごとに”探し物”しながらやっている。
直ぐに見つかるときはいいが、なかなか見つからないとストレスが溜まり、他の事が手につかなくなるのだから困ったものだ!
そんなときは、”秘密のおまじない”をやる。
これが不思議にもよく効くので、最後の手段になっている。
母はしっかり者で、昔はこんなことまるで無かった。やはり少々ボケがはじまったのか?
ムーの場合は今も昔も、たいして変わらないので、母のようにはならないだろう。

”いるもの・いらないもの・どうしよう?のもの”
ダンボール3つに分けたら?と口から出る。これはいつもムーパパに私が言われている言葉でもある(^^ゞ
母が置き場所を忘れるのは、”大事なものだからちゃんと仕舞いましょ”と、隠すように置くのだ!
ちょっとやそっとでは見えない場所に置くのだから、手伝っても探せたためしがない。
それに対して、”うっかり・取りあえずの私”
誰でも直ぐに見つけてくれる便利なタイプだ!

”探してるのを見てるわ” と寝転んでいつしか寝てしまう私。
それでも傍にいるだけで、母がやる気になるのだから、親孝行の娘なのだ!(^^ゞ
今日もこれから、昨日の続きの探し物で実家へ行ってきまーす。

”秘密のおまじない”
やかんの口にヒモを結び、言葉は適当に!
”なむなむ…お願いしまーす”


最後の手段を使いすぎるとご利益が無くなるっちゃが!(^0_0^)

04.09.21
昨日の続き
(近頃長話のし過ぎかな? はんせーい(^^ゞ)

ポチ君の奥さんは、無事出産しました。
ペッチャンコのおなかで散歩中のムーに餌を欲しがり、食欲も満点です。
子犬は…、そのうちゾロゾロ付いて回ることに…。
そうなると、またまた心配が増えてしまう!

これまで何匹車にはねられたことやら…
つないで飼う気も無いし、不妊手術をする気もない飼い主。
「手術されないんですか?」と聞いたことがある。返事は
「歳取れば産まないでしょう」だって!
犬の飛び出しがもとで事故でも起きたら、野犬狩りされるに違いない!
こんな人、犬を飼う資格無いと思うけどなー!

近くの畑のおじさんにも、
「保健所に連絡するゾー!」なんて脅されている。
そんなことでくじけるムーじゃないゾー!
たとえ野良をしていても、命にかわりは無いはずだ!
1日1回おなかを満たしてやって何が悪い!
少しくらい畑を荒したって、笑って済ませるくらいの大きな人間になったらどうなの!
人に優しい、自然に優しい…それが共存共栄でしょ!
な〜んて言ってやりたいけど、
実際は「可哀相で…」と小さな声で答えた(^^ゞ

ポチ君は、毎日定時にいつもの場所でお食事しています。
こんな平穏な日々が続くといいなー♪

あーあー、今日も長話しちゃった!
反省だけならムーでもできるっちゃが!(^0_0^)

04.09.20
この3日間、『ポチ君の捜索』に明け暮れた。

1日目
いつもの餌場に、ポチ君の奥さんだけがやって来た。
この奥さん、飼い犬だが放し飼い…
ポチ君の餌を横取りするので、しかたなく餌をやりはじめた。
おなかの赤ちゃんのために、ポチ君の餌も食べさせた。
 (今回は浮気の確認ずみ)

2日目
朝に夕に足を運んだが、ポチ君も奥さんも姿を見せなかった。
夜の8時過ぎ、かすかな泣き声が2〜3度した。
茂みの方で聞こえたようだが、近づくと静かになる。
暗闇の捜索は困難を極めた。
 (被害は2人で藪蚊100匹(*_*))

3日目
朝6時、茂みで確かな泣き声を聞いた!
”キャーン” まるで助けを求めてるような声だ!
ムーパパと必死に辺りを捜索したが、古びた倉庫やガラクタが一杯、
雑草も背丈程に繁り、どうしても見つけられなかった。

心配になり、先日知り合ったポチ友に電話をした。
ご主人と現場に行ってくださるとのこと。

しばらくして彼女から電話があった。
「ポチ君の奥さんが倉庫のかげに…陣痛のようですよ!」
ポチ君の姿は無かったそうだ。

夕方
ようやくポチ君を発見!
いつものあぜ道に座り、ムーの声にピョンピョン駆けて来た。
ホカホカのから揚げを、手渡しで美味しそうに食べた。

もぉー、ポチ君たらー!
犬殺しに捕まって保健所に連れて行かれたかと思ったわ!
車に跳ねられて”ポチせんべい”になってたら、着る物脱いで包んで帰ろう…とも思ったわ!
心配で心配で、夢の中まで捜したっちゃがー!
 
早速ポチ友に
「ポチ君いましたよ!お騒がせしてすみませーん!」と電話をすると、
『良かったですねー!』 と大きな声が返ってきた。
ワンちゃん10匹の大合唱の最中だった!!!

でもまあ、
今回は無事で良かったわ!
そのうち”いくら呼んでもこない日”が…
 いつか来るっちゃがー!(>_<)

04.09.10
友達が忘れて帰った物を、彼女の家まで届けに行った。
そこのご主人は大の植物好きで、ハウスの中はまるでジャングルのよう…、
奥さんそっちのけでご主人と話し込んだ。
帰りには、丹精された山野草を数種頂き、
家に着き、車から下すときになって、「ハッ!」と気が付いた。
「クワズ芋の大鉢が無い!」
あれは園芸店では高かったんだよ〜!
せっかく頂いたのに、忘れてしまって申し訳な〜い(>_<)
”忘れん坊ね!”
なんて友達に言わなくて良かったな〜!(^^ゞ
私の物忘れは最近特にひどくなっている。
作ったオカズは出すのを忘れるし、今日は何日?を聞くのはしょっちゅう、のこと。
息子の出張を忘れ、晩ご飯を待っていたり、
果ては出張先まで「ご飯よー!」と電話をかける始末。
こんなことなので息子には、
「いつ、何処に出張?」と聞いても、「教えん!」と言われてしまう。
だってだって、いろいろ忙しいんだもーん!
こんなムーにも”絶対忘れない”自信のあるものがある。
”餌やり”
これだけはいくら忘れようと思っても、
”ワンワン!ニャーニャー!”
催促されるっちゃがー!§^。^§

これより前はこちらに移転しました
 
inserted by FC2 system